トップページ >

エクストレイル(X-TRAIL)のおすすめオプションは?

 

 

エクストレイルは日産自動車が生産する
コンパクトサイズクロスオーバーSUVです。

 

現在のT32型モデルは3代目となり、同社が
生産する大型クロスオーバーSUVのムラーノの
弟モデルとも言われ、ワンサイズ小さくなります。

 

2013年12月11日にフルモデルチェンジをすると、
今までのクロスカントリー系の角型のボディーから、
ボンネットからバンパーへのラインに丸みを持たせ、

 

日産のトレードマークであるVモーションを
グリスデザインに採用し、キレのある
スポーティーなシルエットに改良されました。

 

新型エクストレイルのオススメのポイントとして
人気のオプションパーツがお好みでカスタマイズ出来る
という点があります。

 

 

メーカーオプションとしてはLEDヘッドランプです。

 

ハイビーム/ロービーム、オートレベライザー付、
フレンドリーライティング作動付、シグネチャー
LEDポジションランプ付でフォグランプは
クロームメッキリング採用、

 

これによりハロゲンヘッドランプの約2倍の光量でより
明るく遠くを照らし、夜間走行時の視認性を高めます。

 

さらにおすすめの点として、シグネチャーLED
ポジションランプをドアの施錠時(約10秒)・
解錠時(約30秒)点灯させる
フレンドリーライティング作動システムも搭載しているところです。

 

人気のメーカーオプションとしては、
リモコンオートバックドアもおすすめでしょう。

 

挟み込み防止機構付ハンズフリー機能搭載
のリアテールゲートをバックドアに採用したのは、
コンパクトクラスのSUVで国内初となります。

 

インテリジェントキーを携帯していれば、
手をセンサー部分にかざすだけでバックドアが開く
ハンズフリー機能を搭載しています。

 

これにより、荷物の多いお買い物で両手が
塞がっていても、簡単にドアオープンができ、
運転席でもオープンクローズスイッチも搭載しています。

 

輸入車に多い、パワーリアゲートもオート機能に
不具合が起れば、バックドアが上がらないことが
ありますが、万が一の故障でも、メインスイッチを
OFFにすれば、手動での開閉も可能
となります。

 

 

もう一つのおすすめのオプションは、NissanConnect
ナビゲーションシステムにアラウンドビューモニターです。

 

アラウンドビューモニターで車両の周囲全体を
モニターで目視確認ができます。

 

そして移動物検知機能とインテリジェント
パーキングアシスト、クルーズコントロール、
ふらつき警報等を組み合わせ、

 

ステアリングスイッチやボイスコマンドで
ハンズフリー対応が出来る日産初の最新の
装備を搭載しています。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

♪2034views♪ ■カーオプションの森編集部■

予算内に収めよう!オプション選び方ガイド
♪1245views♪ ■カーオプションの森編集部■

♪1125views♪ ■カーオプションの森編集部■

♪1032views♪ ■カーオプションの森編集部■