トップページ >

ワゴンRのおすすめオプションは?

 

 

ワゴンRはスズキ自動車が生産する
トールワゴンタイプの軽自動車です。

 

1993年の発売開始から車内の広さが人気となり、
それまでの軽は“ダサイ”というイメージを大きく変え、
軽ワゴンとしての現在の人気を作った先駆けとなる車です。

 

軽自動車は当初、女性や高齢者の購入者が
圧倒的に多かった自動車でした。

 

また富裕層が絶対に買わないとされる格付けで、
軽を世界戦略として目論んだスズキが初めて
開発したワゴンタイプの実用型スタイリッシュ
軽ワゴンがワゴンRとなったのです。

 

現在のモデルで5代目となるワゴンR は、
エネチャージやエコクールなどの低燃費の技術などが
盛り込まれ、生産されています。

 

軽自動車に特化して生産を続けるスズキは、
普通車を生産する他社とは違い、

 

軽の燃費の高さと維持費の低さを中心に
目標を立てて、軽自動車でも乗り心地と
快適性に高級感を備えるという20年前では
考えられない発想で生産が続けられました。

 

質の高い装備で運転者のサポートを図る
ために快適性を求めて装備が考えられ、

 

オプションとして設定される装備も軽自動車であり
ながら高級セダンに劣らない装備が用意されています。

 

軽自動車は車体が小さなことから交通事故
による損傷が普通車に比べて大きく、

 

高性能化で販売台数が増加する軽自動車の
交通事故数や死亡事故に発展する数が
年々増加傾向が見られる中、

 

軽自動車の安全性能の向上に着目し、
安全性に対する様々な装備が搭載されるようになりました。

 

 

スズキワゴンR のおすすめのオプションとして
レーダーブレーキサポートがあります。

 

自動で前方の車両や障害物を前方の車両をレーザー
レーダーが検知し、追突事故の被害を回避します。

 

車両や大型障害物に対してその機能を十分に発揮します。

 

また、歩行者や2輪車には不十分とされながら、
状況によって歩行者や2輪にも作動するものです。

 

フロントガラス上部に設置されたレーザーレーダー
システムにより、前方車両や障害物との正確な
距離を測定します。

 

衝突の危険を検知すると自動的にブレーキ
システムが作動するのと、メーターパネル内で
エマージェンシーランプの点滅と警告音で
ドライバーに危険を知らせるシステムです。

 

また、高齢者や初心者ドライバーに多い、
ペダルやギアシフトチェンジの操作ミスによる事故や
スマートホンや携帯操作をするドライバーの増加から、

 

シフト位置がDレンジにある時、アクセルを強く
踏み込むとエンジンを自動制御し、急発進を
抑制することで衝突回避を行ないます。

 

運転の苦手な女性や反射神経の鈍る高齢者
にもっともおすすめの快適オプション装備です。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

♪2034views♪ ■カーオプションの森編集部■

予算内に収めよう!オプション選び方ガイド
♪1245views♪ ■カーオプションの森編集部■

♪1125views♪ ■カーオプションの森編集部■

♪1032views♪ ■カーオプションの森編集部■