社外品パーツは下取り時に取り外した方がいいの?

 

 

新車購入時によくある質問がこちら。

 

社外品のパーツをつけている方は多いと思います。

 

カーナビやアルミホイールなど様々なパーツがありますが、
下取りの際に、この社外品パーツの取り扱いに困る方
は結構いらっしゃるようです。

 

結論から言いますと「つけたままが良いかと。」

 

基本的に社外品などのパーツの有無は、
あまり査定価格に反映されないのが現状です。

 

もし現在使用しているパーツを、新車で使用したい
のであれば外しておいた方が良いのかと思います。

 

もちろん部品にもよりますが、オークションなどで高値で
取引されているようなパーツではない限り外す必要はありません。

 

外す手間と処分することを考えれば
つけたまま査定に出してしまうことをお勧めします。

 

ただ車検に通らないようなパーツの場合は
外して標準装備のパーツに戻しましょう。

 

査定額が下がってしまいます。

 

下取りについては年式、車種、色、走行距離、
グレード、修復歴などが主な査定ポイントです。

 

ですから、あまり考えすぎないようにするといいですね。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます