ディーラーでは教えてくれない!「下取り」と「買取り」の違い

 

 

「下取り」と「買取り」・・・

 

ディーラーで車を買取り、その金額を新車購入に充てるのか?
中古車買取店で買い取ってもらい、現金で受け取るのか?

 

「車を売ることには変わらないではないか?」

 

そう思われるかもしれません。

 

しかし実際は全然違うものなんです。

 

一番違うのは下取りした後、買取りした後の処分のしかた!

 

■下取りは・・・

 

 

下取りした後の車を主に系列の中古車展示場
などで販売するケースが多いんです。

 

この場合、下取りした車を在庫として抱える必要があります。

 

中古車は食品などと同様に鮮度が重要で時間が
経つだけでも価値が下がってしまうものです。

 

よって管理費や、価値が低下するリスクを
抱えながら下取りを行わなければいけません。

 

すると、どうなるか?

 

買取り価格をおさえる必要がでてくるのです。

 

カーディーラーでは、こういった費用を踏まえた上で、
各会社ごとに車種ごとの基準価格があり、そこから
減点しながら減額されていくのが一般的です。

 

「リアルタイムな市場価格が反映されている」とは言えません。

 

ですから「下取り」の査定は安くなりやすいと言われています。

 

■買取りは・・・

 

 

たくさんの流通経路を持っています。

  • オークションでの売却
  • 自社で展示して売却
  • 中古車販売店に売却
  • 海外で売却
  • 部品を集めて売却
  •  

    主にオークションなどで売却しているので
    リアルタイムな価格情報を持っています。

     

    当然、他社に負けないようギリギリの
    価格で買取ることができます。

     

    また、国内で売却できないような車でも海外へ輸出したり、
    廃車になるような車であっても部品だけを集めて海外へ
    輸出したりと色々な手段で現金化しているんです。

     

    「在庫として抱えないことで管理コストが不要」

     

    「さまざまな流通経路で売却する」

     

    ことで今一番高く売れる売却先を選んで売却しています。

     

    高く売却するということはそれだけ買取り価格も
    高く設定することが可能になりますね。

     

    このように「下取り」と「買取り」の属性を知るだけで
    新車購入時にどのような行動をとれば良いのか見えてくる
    と思います。

     

    ディーラーでは聞けないお話ですが、
    実際はこのような違いがあるということを
    知っておきたいところです。

     

    この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます