カーオプションのマニアックQ&A集

サイドバイザ−って、必要!?

あなたが喫煙者であれば必要となるでしょう。

 

喫煙中の空気の入れ替え時に雨や異物が
車内に入るのを防ぐことができます。

 

もし喫煙をしなかった場合でも雨天時の
空気の入れ替えなどを行う際には役に立ちます。

 

また夏場の炎天下での駐車時には車内の
温度上昇を抑えるために少し窓を開ける方
もいらっしゃいますよね?

 

このような時、突然の夕立などにも対応できます。
そして、いたずら防止にもなりますね。

 

そういったところを気にしないのであれば特に必要はないでしょう。

メンテナンスパックって何!?点検と何が違うの?

ガソリンスタンドやカー用品店で点検を行っている
方もいらっしゃると思いますが、メンテナンスパックは、
これらの点検とは根本的に異なります。

 

詳細は各メーカー、ディーラー毎にことなりますが、
半年点検×2回、12ヶ月点検×2回分の点検費用、
また点検の際に行うオイル交換、エレメント、ワイパー等の
消耗品の交換費用などが含まれています。

 

そして点検内容についても、ガソリンスタンドでは
オイルや水回りのチェックのみが多いですが、
ディーラーの場合はブレーキを分解するなど
細かく点検を行うことが多いです。

 

当然内容はディーラーごとに異なる可能性が
ありますので、具体的な点検内容などについては
確認しておくと良いでしょう。

 

補足になりますが、新車を購入すると
メンテナンスノートが付いてきます。

 

基本的にメンテナンス通りに点検を行っていないと
メーカー保証が適用されないということになっています。

 

ディーラーなどでメンテナンスしてもらうと、もれなく
メンテナンスノート通りの点検を行うことができますし、
車を売却する際も査定額が上がったりします。
(ちゃんとメンテナンスされている車ということで査定がアップします。)

 

どうせやらなければいけないメンテナンスなら
ディーラーでやってもらう方が良いと思いますよ。

「フルオプション」って、どこまでオプションがついてるの?

ずばり車種やディーラーなどによって異なります。

 

車のオプションは、オプションだけのカタログも
存在するくらい多岐にわたっています。

 

「これは欲しいっ!」と言えるものから、
「こんなものオプションにする必要ないだろっ!」
というものまであり選ぶのが難しいですよね。

 

そんなオプションをメーカーごとに整理して
付けているのがフルオプションとなります。

 

「たくさんのオプションが付いている車」と
思っておくのがわかりやすいでしょう。

 

とりあえずポイントとしては、具体的にどのような
オプションが含まれていて不要なオプションはないか?
というところでしょう。

 

不要なオプションにお金を払う必要はありませんからね。

オートバックスで買ったナビを純正ナビのように取り付けることできる?

カー用品店で買ったナビでも純正ナビのように
はめ込んで取り付けることは可能です。

 

図々しいようですが、カー用品店で購入した
ナビをディーラーにもっていき取り付けてもらう
という強者もいらっしゃいます。

 

正直な話、ナビの機能だけみるとメーカー純正ナビ
よりもカー用品店などで購入した社外品のナビの方が
機能面や価格面では優れています。

 

純正ナビが優れている点としてはナビと
車両情報などが連動しているということでしょう。

 

これらは社外品では対応できないところです。

 

値段だけ考えるなら社外品、車両情報などの
固有情報まで管理したいのであれば純正ナビがおすすめです。

ETCって純正品がいいの?

最近の車はETCを装着する場所が用意されているため
純正品を購入すると隠したりすることが可能です。

 

そしてナビと同じメーカーのものなどを購入すると
ナビと連動し、ETCの利用履歴をナビで見たりと
色々機能がついたりします。

 

ただETCの目的はETCレーンを通過することですので
正直、機能が多いところで重宝するほどの機能なんて
ほぼ無いと思います。

 

安く購入できるのであれば社外品で十分でしょう。
見た目的に隠したいのであれば純正品が良いと思いますよ。

最近の軽自動車ってサンルーフつけられないの?

確かに最近の軽自動車は純正でサンルーフが
つけられないものが殆どではないでしょうか。

 

一番の要因は「エコ」ではないかと思います。

 

サンルーフが何でエコに?と思われるかもしれませんが、
サンルーフを付けるということは重量が増加しますね。

 

安全性を増すために補強材なども必要になります。

 

そしてサンルーフにより重心が高くなりますから
転倒を防止するためにも足回りが踏ん張れるように
強化が必要でしょう。

 

これも重量が増えてしまいます。
重量が増えるイコール燃費の悪化。

 

ですからサンルーフを付けないということは
エコにつながる訳です。

 

喫煙者が減っているために需要も減っている
ということもあるのでしょう。

 

しかし日本ではエコや燃費を非常に重視しますので
現在はサンルーフを必要としていないのだと思います。

 

どうしても必要な場合は社外品のサンルーフを
取り付けてみると良いでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます